セルフ大試打会2022秋

スイング大改造にともない、シャフトの好みもきっと変わってるのではないか?と思ってセルフ大試打会を開催してみました(注:所有するシャフトの山を練習場に持ち込んでの打ち比べ)。

キャディバッグがパンパン・・・

ヘッドは
1W:ステルスプラス9°(とSIM MAX 10.5°)
5W:SIM 19°
を使ってテストしました。

で、「ナシ」だなと思ったシャフトがこちら。

上側のブロックが1W用で、上側にいくほど「ナシ」寄りの「ナシ」、下側ほど「アリ」寄りの「ナシ」です。
・Speeder NX 50S
・VENTUS BLUE 5S
・Speeder 569 Evolution V S
・TourAD HD 5S
・TENSEI CK PRO ORANGE 50S
・Speeder 569 Evolution VI SR
・ATTAS COOOL 5S
・KUROKAGE XD 50S

下側の5W用はというと、
・TourAD HD 6S
・VENTUS BLUE 6S
・Speeder Evolution IV FW 60S
といった感じ(並びのルールは同様)。

一方、「アリ」だなと思ったシャフトはこんな感じ(最終的に入れたシャフトはここに入ってません)。

1W用から
・VENTUS BLACK 5S
・Diamana ZF 50S
・TENSEI CK PRO ORANGE 50R

5W用は
・VENTUS BLACK 6S
・TENSEI CK PRO ORANGE 60S
・KUROKAGE XD 60S
といった感じ(並びのルールは逆に、上側にいくほど「アリ」寄りの「アリ」、下側にいくほど「ナシ」寄りの「アリ」です)。

で、最終的に入れたシャフトはというと、ステルスプラス9°にはSpeeder 569 Evolution IV Xをとりあえず投入(SIM MAX 10.5°にはSpeeder 569 Evolution VI Sを挿した)。
また、SIM 5WにはSpeeder 661 TR Sをぶち込みました。

Speeder 661 TRって、以前組み立ててFWに入れたら全然打てなくてお蔵入りしてたシャフトなんですよ・・・これがちょうどよく感じるんだから、だいぶスイングが変わってるんだな・・・と。

一方、去年大活躍したVENTUS BLUEは、チーピン連発であかんっす・・・。VENTUS BLACKも方向性はSpeeder TRと変わらずよかったんだけど、ヘッドスピードがやや上がらず、Speeder TRの方が飛距離でも有利でした。
なお、手持ちのドライバー用がキャロウェイスリーブだったので、今回ドライバーはSpeeder 569 TR Sで打ってません(が、これ以前EPIC SPEEDで打ってたシャフトなので本命感あるよね・・・と思ってる)。

KUROKAGE XDもTENSEI CK PRO ORANGEも、ちょっと以前より硬く感じるみたいで、引っかけるんですよね・・・そこもまた課題。

とりあえずSpeeder 569 TR Sのテーラーメイドスリーブのものを調達して再テストする予定。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。名前は必須項目となります。