アーリーリリース撲滅週間

アーリーリリースはすぐには直らないかもということで後回しになってました。ダフりとオーバードローが直らないとスコアにならないので、避けて通れない道ではあったのですが・・・。

ということで、今回はアーリーリリースの修正に向けた話です。

アーリーリリースには2パターンあるそうです。腕の動きが問題の人もいれば、手首の動きが問題の人もいる・・・私は手首の方でした。そこで、いわゆる「掌屈」(しょうくつ)の動きを練習中・・・。

このイメージも大きく2パターンあって、脱力しまくって振るイメージが合う方と、手首の曲げる向きを意識した方がいい方とがいるよう。
さらに手首の意識も、左手を意識するべきか、右手を意識するべきかで、どっちが合うかは人によるみたいです。うーん、複雑!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。名前は必須項目となります。