MODUS3 TOUR 105S/115S/120X打ち比べ

最近ずっとMizuno Pro 319/MODUS3 TOUR 120Xを使ってたんですが、最近ダフりとオーバードローが多いのでアイアンのシャフトも変えようかなと検討中。

とりあえず、手持ちのヘッドで、以下のように組んでみました。
MP-54:MODUS3 TOUR 115S(D2.5)
MP-H5:MODUS3 TOUR 105S(D1)

で、打ち比べると・・・115Sと120Xは同程度の重さかつ同程度の振動数なので、そこまで違和感なく打てます。方向性としては以前も試打したけど115Sの方がやや120Xより右に出る(といってもまっすぐな)印象で、今のスイングでは望ましい方向かな。
一方で105Sも同様の方向なんですが、さすがに重量帯が違うシャフトなので、いきなり持ち変えて打つのを繰り返すと、トップが出やすかったです(軽いんだから当たり前)。

軽いシャフトの方がコックはほどけにくいというかアーリーリリースになりにくいはずだし、軽くしようかなとも思ってたんですが、そこまではしなくてよさそう・・・かな?

もうちょっと悩みます。

今時にしてはそれほどではないとはいえ、ストロングロフトになると球ホントあがらんね・・・>5番アイアン。
MP-H4やMP-H5だと打てるけど、MP-54ってこんな難しいヘッドだったっけ?って思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。名前は必須項目となります。